自分に合った青汁を選ぼう

市販や通販で多くの種類の青汁がありますが、どれも同じ効果だと思っていないでしょうか?青汁は、使用される原料などによって効果は変わってきます。自分のからだに合った青汁を選びましょう。

青汁の種類とそれぞれの効果

青汁は主に、大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉などの種類があります。

大麦若葉…活性酸素を除去する効果を持つ「SOD酸素」の含有量が多いと言われています。食物繊維・ビタミン・ミネラル・カテキンなどもバランスよく含み、生活習慣病の改善のサポートにおすすめです。また、女性の大敵である冷え性や貧血への働きかけも期待できます。
味は抹茶のようにさっぱりとしており、青臭さを感じさせません。

ケール…ビタミン・ルテイン・カルシウム・食物繊維・メラトニンが主に含まれています。野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高く、よく食べられるキャベツやダイコンはこのケールを改良した野菜です。睡眠がよくとれ、ストレスを軽減する効果や血液の流れをよくする働きがあると言われています。
独特の苦みや臭みのある味が特徴的です。

明日葉(あしたば)…明日葉には他の原料となる野菜と違い、セリ科共通のクマリンや明日葉にしか含まれないカルコンがあるのが大きな特徴です。クマリンやカルコンは美容と健康に役立つ成分が入っているとされており、ダイエットや多くの生活習慣病にも効果が見込めます。
少し苦みがありますが、くせのない味で飲みにくいという程ではありません。

桑の葉…漢方の原料として大切に育てられてきたことから、さまざまな効果が期待できます。特に桑の葉特有の成分である1-デオキシノジリマイシンは2種類の糖質の分解を制御するとして、糖質制限に役立つと言われる栄養素です。そのほか、中性脂肪やコレステロールを下げる効果も注目されており、お酒を飲まれる方におすすめです。
味はお茶にも使われるほどクセが無く、お子さんでも飲みやすいですが、食物繊維が豊富なのであまり飲み過ぎると、まれにお腹を壊すことがあるので注意しましょう。

青汁の成分と取れる栄養素とは

青汁にはビタミンやミネラルが豊富です。また青野菜が原料であるため、食物繊維もたっぷりと含まれており、主成分によってはオリゴ糖なども配合されています。青汁には加熱処理と非加熱処理の二つの製造方法があり、加熱処理は高温でつくられるため、熱に弱いビタミンB1やビタミンC、酵素などの栄養素が製品化の時に壊れてしまいがちです。購入の際は栄養素をチェックすることをおすすめします。