煮物の定番、肉じゃがをどんな配分で作るのか

肉じゃがをおいしく食べる私の鉄則

ほっこりとした温かみのある味が特徴的な煮物の定番肉じゃがを簡単につくるには、どんなだし汁にするのかで仕上がりに差が生まれます。なかなか簡単にはつくることができません。煮物の簡単レシピを通販で公開してますがだし汁の作り方は作り手によって人それぞれですが、私の場合は「大さじ1」を基準にバランスの良いだし汁を作るようにしています。これさえ気をつけておけば味がしっかりと決まって肉じゃがを始めとする煮物をおいしく食べることができます。

肉じゃがのだし汁を作るのに必要なものは、料理酒、みりん、しょうゆ、砂糖などですが、これらのうち砂糖以外は、大さじ1で作るようにしています。私は肉じゃがはそれほど甘くなくても美味しいと思っているので砂糖はあまり多く入れないです。

これはだいたい2人分ぐらいの肉じゃがを作る時の分量ですが、この配分で肉じゃがのだしがそれなりに美味しくできるため満足しています。

豚肉をはじめとし、じゃがいも、にんじん、たまねぎなどの具材の量に合わせてだし汁の量も調整しますが、基本的には「大さじ1」を基準にだし汁を作っています。そうすることでしっかりとした味付けになりますし、これからも微調整しながらもっと美味しくしていきたいです。