故郷の味を東京でも堪能

私は東北地方の出身です。東北にはお醤油を使った郷土料理がたくさんあります。両親の生まれが山形だったので、幼い頃から「芋煮」が食卓にあがっていました。芋煮を作るときには、両親は決まって同じ醤油を使います。カツオやサバ、煮干しなどから取った一番出汁を、昔ながらの製法で作った醤油とブレンドしたその醤油は、旨みが強く芳香も良いのが特徴。薄めの色合いですが、ドンとした味が最初に来て、旨みが長く続きます。
毎年スーパーに新物のサトイモが並ぶと、自然と芋煮を食べたくなり、通信販売でこの醤油を購入します。ほかの醤油でも試したことがあるのですが、やはり食べ慣れた味の方が、口にしっくりきます。郷土の醤油は、郷土の料理に合わせて作られているので、マッチするのはある意味当然だとも言えます。証拠に、醤油の醸造蔵は老舗が多く、地域の食文化に寄り添うように営業を続けてきたのだとわかります。全国各地に醤油蔵はたくさんあるので、醤油の通販を利用すれば、地場の味を手軽に楽しめると思います。