夏に煮物?夏野菜の煮物で野菜を食べよう

夏に食べたくなる料理のほとんどは、冷たい、のど越しの良い食べ物が多いかと思います。夏野菜は生のまま食べたり、冷やして食べたりすることが多く、夏という季節も相まって加熱調理することが少ないです。お酢やみりんに出汁を加えた通販で酢を夏野菜にかけるだけで1つの料理にもなりますし。夏野菜は冷たいままで食べるのがおいしいので当然といえば当然なのですが。

煮物は冬の食べ物というイメージがありますが、常備菜として重宝されて、お弁当のおかずにも適しています。煮物って冷たくても美味しく食べることが出来るんです。冷たく食べてもおいしい夏野菜を、冷たくなってもおいしい煮物にするという、夏野菜の煮物に注目してみました。煮物料理に使いやすい調味料、話題のなんでもごたれが万能たれのわけは必要な調味料が黄金比でブレンドされているからです。

夏野菜の代表、トマト、ピーマン、ナス、かぼちゃ、ズッキーニ、オクラを煮物料理で使う甘辛醤油味の味付けで煮物を作ってみましたが、冷たくすることで、味が良くしみ込んで、なおかつあっさりと食べられるのですごくお箸がすすむ煮物になりました。夏に煮物。これは良いですね。しかも夏野菜をたくさん食べられるし、畑を持っている人なんかは、食材の大量消費なんかにも重宝するのではないのでしょうか。