お酢は家庭料理では重要な調味料の一つです

家庭料理でお酢は隠し味として大活躍している調味料の一つです。一見とても地味な役割をしているような印象を受けるお酢ですが、実際は家庭料理を作る時にはとても重要な役割を担っているのです。例えば手羽先などの煮物や照り焼きなどの家庭料理は子供から大人まで人気のメニューですが、これらにもお酢を大さじ1杯程度入れてあげると風味が増しますし、素材にも味をしっかりしみ込ませる効果があります。さらに安くてちょっと固いステーキ肉でも下準備をする際にお酢を少しだけお肉に揉み込んでおけば、高いお肉のように柔らかくなりとても美味しいステーキができるのです。このように家庭料理においてはお酢は味に作用するだけでなく素材そのものをやわらかく食べやすい状態にしてくれる万能選手なのです。困った時にはお酢に頼れば良いと言われているぐらい使い勝手の良い調味料です。毎日少量のお酢を取ることで健康作用も期待できるので、今日から色々な料理にお酢利用を習慣にすると良いですね。