調味料を使って家族が喜んだ経験

今の食卓には調味料が必須で用意することになります。私は以前の家にあまりそういうアイテムがなかった記憶があります。しかし家族は多いので好みもバラバラなのです。
実際に調味料は必須アイテムで買うことになりました。私は調味料がなくて家族にそれを要求されたのです。その後にお店で様々な調味料を確認してきました。
私はより高い調味料を使うようにと考えていました。なぜなら家族は食にうるさいので味が大事なのです。そして調味料は生産国によって味が違うと感じました。
例えば良い調味料は生産国も外国になっていることが多いです。それも遠くアメリカやヨーロッパなどで生産されているのです。私はそういう国の調味料を入手して身近なご飯や料理に使いました。
使い方はシンプルでそれらをかけるだけというパターンが多かったです。しかし良い調味料になると味を引き出すので家族が驚きました。食卓で家族の喜んだ顔が見れた時は嬉しかったです。
こうして私は家に様々な調味料を揃える習慣ができました。